2019.10.28

入院生活で学んだこと

こんにちは。山下です。

今日も元気に入院しております。
最近はおばあちゃんによく捕まります。

今日はお客様からお電話をいただく約束がありましたので
エレベーターホールに向かい、準備をしようと思っていました。

ですが、病室からエレベーターホールへ向かう間に
3度おばあちゃんに捕まってしまいました。

もちろん邪険にするわけにはいかないので、
おばあちゃんたちとお話していたのですが、

約束の時間に間に合わないかもしれないと、内心ヒヤヒヤでした。
なんとか間に合ったのでよかったです。

そんなこんなで、少し話は変わりますが、
今日は僕の斜向かいのおじいちゃんのお話を。

そのおじいちゃんはものすごい大声で独り言を言います。
主にテレビに向かって暴言を吐いています。
電話の声もものすごく大きいです。
看護師さんに対して、少し迷惑がられそうな絡み方をします。

正直、ものすごく嫌でした。
病室を変えてもらおうかと考えていました。

ですが、今の病室は窓際で居心地はすごくいいので
変わりたくはありませんでした。

さて、どうしたものか…と考え、
山下はこのような解決策を思いつきました。

「仲良くなっちゃおう!!」

この解決策は大正解でした。
仲の良いじいちゃんが相手であれば、
「また変なこと言ってるわ〜。あとでからかってやろ〜」みたいな感じで微笑ましく感じるようになったのです。

もちろん、仲良くなることには抵抗はありましたよ。
だって印象最悪な人が相手ですから。

だけど、初めの一歩って大事だなって思いました。
今は快適に過ごしています。

営業も同じだと思います。
誰しも苦手なクライアント様はおられるかと思います。
だけど、仲良くなったら苦手じゃなくなるかもしれません。

今日、病院で学んだことを業務にも活かしていこうと思います。

それではこの辺で。

-->