2019.9.28

人と人と人と…

こんにちは。山下です。

写真は僕の愛車です。
この後、事故ります。

僕は先日お話ししたベースの他に、
ロードバイクも趣味としており、
遠出するときは1日に100キロ、200キロ走ることがざらです。

そのため、日頃から週末は
トレーニングを欠かさないようにしています。

僕の普段のトレーニングコースは山あり谷ありの
約50キロのコースです。
そんなある日のトレーニング中、
峠を越え田舎道を走っているときに事故は起きました。

突然、一瞬だけペダルが回らなくなったのです。
さらに次の瞬間、ギアが空転しだしました。
カラカラ…と回るだけです。

チェーンが外れたのかなと思い、
バイクを降りて確認してみると

なんと…チェーンが切れていました…
冷や汗が垂れ、愕然としました。
もうこげないのです…

しかも山の中です。
タクシーも当然いません。
なんなら人すらいません。
歩いて帰れる距離ではありません。
最寄り駅などもありません。

詰んだ。と言うやつです…

一度、落ち着いて解決策を考えてみましたが、
どれも現実的でなく、途方に暮れていました。

すると、素晴らしいタイミングで友人から
電話がかかってきました。
暇だから電話をかけてきたとのこと(笑)

ダメもとで迎えにきてくれないかと頼んだところ、
二つ返事でOKしてくれました。

その時の僕の心境は感激30%、安堵30%、驚き30%
といったところでしょうか…

ちなみに、その友人とは10年来の仲で、
ご両親や兄弟にも仲良くしていただいています。

よくあるセリフですが、
やはり持つべきものは友人だと思いました。
そして人との繋がりは大切だと強く感じました。

その友人と親しくしていなければ、
暇つぶしの相手に僕を選んでくれていなければ、
僕は太陽照りつける猛暑日に、20キロ以上の道のりを
自転車を担いで歩いて帰っていたでしょう。

いつも隣にいてくれる人の大切さ、
ありがたみを強く感じた1日でした。

-->